確定申告前に気をつけること

確定申告のシーズンです。

今日は、所管の税務署である朝霞税務署が日曜開庁しますので、朝から確定申告のためにそちらに向かう予定です。

ところが、今回私は、確定申告がらみで重大なミスを犯してしまった模様です。

昨年(平成24年)の1月~6月の間は、契約の都合上、業務委託契約ではなく派遣契約となっていたのですが、そのうち、1月~3月の間に契約していた分の源泉徴収票が、どこにも見当たりません。

どうやら紛失してしまった模様。

とはいえ、毎月の給与明細や契約書はすべて手元にあり、源泉徴収票だけピンポイントで紛失するというのも考えにくいので、もしかしたら当時契約していた派遣会社が本当に送ってきていないのかもしれませんが、とにかく手元にそれがないことに何ら代わりはありません。

Twitterでそのことについてぼやいていたところ、とあるフォロワーさんから、社会保険料や税額等のすべての情報が記載された給与明細が毎月分そろっていて、なおかつ年末調整済みでない場合は申告可能とのアドヴァイスをいただきました。

とはいえ、ネット上で調べてみたところ、給与明細ではできないということが書かれているページもあったので、明日本当に私が確定申告を無事行えるのかどうかはまだ未知数です。

一応、本日朝霞税務署に行ったら、正直にこの件について税務署の方に相談してみるつもりです。申告可能であればそのまま申告してしまい(書類は作成済み)、申告不可であれば、当時契約していた派遣会社に源泉徴収票の再発行を依頼することにします 1)すでにその会社のWebサイトにある問い合わせフォームからはその旨について依頼しているが、土曜日に書いたので当然ながらまだレスポンスはない

申告の可否にかかわらず、顛末についてはレポートしようと思います。

ここで、昨年の私のように一時的に給与所得者になってしまったフリーランスの人 2)IT関係であれば実はこのケースは結構ありそう に一言。

派遣契約分の源泉徴収票は契約終了後速やかに受け取り、紛失しないようにしっかり保管すること!

今回の自分はそのようにしていたつもりで結局そのようになっていなかったのですが、「自分はそのようなミスを犯さない自信がある」という方も、私のように直前になってから慌てる可能性はないとは言えず、しかも源泉徴収税額の申告をしないまま確定申告をしてしまうと、最悪脱税扱いになってしまうこともあるようです。

金が絡むことfであるだけに、慎重になりすぎるということはありません。他人事だと思わず、確定申告をおこなおうとしている方は今一度ご注意を。

まあ、「派遣契約の案件は請けない」という方針を貫くのが一番だとは思いますが、昨年の上半期、自分はまさに「背に腹は替えられない」状況だったわけで…。とにかくこの一件で、ますます派遣契約が嫌いになりました。無駄に手続きが面倒になるしねぇ…。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1.すでにその会社のWebサイトにある問い合わせフォームからはその旨について依頼しているが、土曜日に書いたので当然ながらまだレスポンスはない
2.IT関係であれば実はこのケースは結構ありそう
この記事はGeotag, Twitter, 備忘録, 私的メモ, 雑談に投稿されました タグ: , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 コメントを投稿するか、トラックバックをどうぞ: トラックバック URL.

One comment on “確定申告前に気をつけること

  1. なんとか、無事申告できました。

    窓口の方からは,もしかしたら後日改めて原本の再取得をするように連絡が行くかもしれないと言われてしまいましたが、とりあえずは一安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

1,068スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>