いい日旅立ち(その7)

つい先日、「脱メイド喫茶宣言」をしたばかりの私ではありますが、昨日はそれでもできる限りメイド喫茶に行きたい事情があったため、無理して行って参りました。

See you again dear our angel, YUE Maid!昨日は、私がよく足を運ぶメイドカフェぴなふぉあ・ラビリント店におきまして、すっかり顔なじみとなっていたゆえメイドさんのご卒業の日でした。

私は、この日の午後に渋谷にも行かなければならなかったため、今回は(私にしては)珍しく1時間しか滞在できませんでしたが、ゆえさんとの最後の時間を楽しく過ごして参りました。

ゆえさんは、一昨年11月のラビリント店開店当初からのオープニング・メンバーでした。今回のゆえさんご卒業により、ラビリント店のオープニング・メンバーで今も残っているメイドさんは、たからさんのみになってしまいました。

今回のゆえさんのご卒業は、4月に晴れて社会人となったことによるものですが、何らかの事情で、ぴなふぉあからの卒業が3月中ではなく昨日になってしまったのだそうです。まずは、ゆえさんの新たな門出を祝いたいと思います。

ぴなふぉあラビリント名物のノンアルコール・カクテル「バージン・メアリー」

今回は、メイドさんのご卒業の時になると必ずと言っていいほど設定される「限定カクテル」のメニューがありませんでした。そのため、今回私は、ラビリント店名物のノンアルコール・カクテル「バージン・メアリー」を注文しました。

限定のフードとデザートの設定はあり、私はフードのほうを注文しましたけど、どういうわけか、今回の限定メニュー(フードだけだったかもしんまい)は、諸事情により写真撮影禁止となっていました。通常メニューや、限定メニューでも普段設定されるものについてはそんなことないんですけどね…。

先述の通り、私はこのあと渋谷に向かわなければならなかったため、食事を終え、ゆえさんとの最後のツーショット・チェキを撮影していただいたあとは、足早に退店いたしました。

ただでさえばたばたしていたところを余計にばたばたさせてしまい、申し訳ありませんでした。

なお、私が退店したとき、別のご主人様(笑)から、ゆえさんへの寄せ書きに協力して欲しいというお話がありました。私が快諾したことは言うまでもないでしょう。

そこにも書いたことですが…

ゆえさんは私にとって永遠の天使です!

冗談抜きで、ゆえさんほど「天使」の2文字が似合う女性はそうはいないでしょう。同期のたからさんとはまるっきり印象が異なりますが、お二方は同じオープニング・メンバーということもあり、端から見ても特に仲がよかったように思えますね。

また、秋葉原のどこかで、できればぴなふぉあで、是非とも再会したいと思います。

ゆえさん、今までいろいろとありがとうございました。そして、また今後もよろしくお願い申し上げます。

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00
この記事はGeotag, Twitter, 写真, 秋葉原, 雑談, 食事に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

870スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>