Princess Minerva (その4)

【お知らせ】(2013/05/20 22:10 追記)
本日この記事を執筆していた時点で、私の疲労がピークに達しており、執筆中に何度も意識を失っておりました。そのため、文末に追記という形で内容を補足したいと思います。

眼球メイドりのちゃん卒業おめでとう昨日は、私が秋葉原に行くときによく足を運ぶ「メイドカフェぴなふぉあ」1号店において、りのメイドさんの卒業式が執り行われました。

すでに何度か申し上げておりますとおり、自分は数あるぴなふぉあのメイドの中でも、特にりのさんとは親しくさせていただいておりました。ご帰宅時のみならず、Twitterでも頻繁にやりとりさせていただいております。そのため、個人的にりのさんは最も思い入れのあるぴなメイドの一人であります。

りのメイドさんにとって最終日となった昨日、りのさんは17時から20時半までの間お給仕されていました。そしてその後、21時から約1時間にわたり、卒業式が執り行われました。

自分は、最終日は店内が非常に混雑することを見越し、当初予定を変更して一昨日にも「ご帰宅」しました。そのときに、りのさんに渡したかった手紙を手渡し、ツーショット・チェキも撮影していただいておりました。

そのため、最終日となった昨日、自分は「チェキの撮影が可能であればもうけもんだな」程度の意識で、ぴなふぉあ1号店に「ご帰宅」しました。

恐怖の前菜(ぉぃ)

幸い、私が「ご帰宅」した時点では、ぴなふぉあ1号店は思ったほどには混雑していませんでした。幸い、カウンター席にも空きがありましたので、私はそこに座ることにしました。

今回私は、りのさんの出勤時刻である17時よりも少し前に入店しました。そのため、りのさんの最終日限定メニューの提供開始まで少し時間が空きましたので、食事の前に「前菜」を口にすることにしました。

しかし、よりによってこれまた恐ろしいものを注文することになりました。

メロンソーダとロシアンホットケーキネタと運試しを兼ねて、「ロシアンホットケーキ」を注文しました。

今回もまた、8ピース中の1ピースに「ハズレ」を入れていただきました。

前回口にしたときは、1ピース目でいきなりハズレを引いてしまったのですが、今回は反対に、最後の8ピース目でハズレを引きました。

今回の「ハズレ」は、わさびがたっぷり使われていて、口にするのにも苦労しました(汗)。

こんなことなら、一昨日同様、ミニシーザーサラダにしておけばよかった…。

りのメイドさん最後のお給仕

りのメイド最終日限定メニューその後、5時になり、りのさんがホールに現れました。そのときに私は、やっぱり今回も設定されていた限定メニューを注文することにしました。

なぜか、りのさんは「眼球メイド」の異名を持っていましたが、今回の限定フードはその異名にちなんだネーミングの「めだまハンバーグ」でした。

また、限定カクテルも、例によってアルコール入りとノンアルコール、甘めとさっぱり目の中から選ぶことができました。

今回自分は、「めだまハンバーグ」と、ノンアルコール・さっぱり目のカクテルを注文しました。

「めだまハンバーグ」とノンアルコール・さっぱり目の限定カクテル「めだまハンバーグ」は、そのネーミングに違わず、ハンバーグの上に目玉焼きが載っています。

また、今回自分が注文した、ノンアルコール・さっぱり目の限定カクテルは、青リンゴっぽいお味がしました(見た目もそんな感じだったけど)。

なお、今回自分はあえてアルコール入りのカクテルを選びませんでした。これを飲んでしまうと、卒業式の最中にこっちが泣き出してしまわないという保証がなくなってしまうためです(ぉぃ)。

食事の前に先述のロシアンホットケーキを食べてしまったおかげで、すっかりおなかぱんぱんになってしまった俺様は、これらを食べきれるのかどうかさえも心配でしたが、どうにかなりました。

そのとき、カウンターに入っていたまなかメイドさんにずいぶんとご心配をおかけしてしまい、申し訳ない限りでしたが、自分が「ご帰宅」前にペプシを飲んでいたことや、それに加えて「ロシアンホットケーキ」といっしょにメロンソーダを口にしていたことを指摘されました。

ペプシを飲んでいたことをまなかさんから指摘されたときに、自分は思わず「なんで知っているんですか!?」と訊いてしまったのですが、何のことはない。自分がTwitterでその旨の発言をしていたことを、しっかりとチェックされていたようです(汗)。こりゃ、迂闊なことは書けませんね(ぉぃ)。

通常出勤では最後となった、りのさんとのツーショット・デカチェキ

結局、最終日も、撮影権こそ行使できなかったものの、500円チェキ、1,000円のデカチェキは注文可能でしたので、今回もまた、前日同様デカチェキを注文しました。もちろんりのさんとのツーショットで。

そのときに、私はあらかじめVAIOに表示させるために作っていた画像ではなく、あえて以前別件で使用したことのある画像を掲出することにしました。

秋葉原 そこは仲間が いっぱいさ みんな友達 すばらしき人

この句は、厳密には私が詠んだものではなく、以前「診断メーカー」の「あなたを5・7・5・7・7で表しったー」で診断した出力結果なのですが、妙にしっくりと来てしまったものでして。

ちなみに、私はこの句を元に先述の画像を作成しました。作成当時はチェキ撮影用のタブレット端末としてiPad2を使用していた関係で、画像の解像度をiPad2に合わせた768×1024となっております。

この画像は、昨年8月、ぴなふぉあラビリント店で椿メイドさんが卒業されるときに初めて使用しました。その後、一度りのさんとのツーショット・チェキ撮影でもこの画像を用いたことがありました。

今回のりのさん最終日では、あえてこの画像を再登板させました。

椿さんのご卒業の時にも思っていたことですが、今回も次の意味を込めました。

すばらしき仲間の待つ秋葉原の街は、いつでも仲間を歓迎してくれます。またいつでも、私たちの前に姿を現して欲しいと思いますね。

またいつか、りのさんが自分たちの前に姿を現してくれる日が来ることを、願ってやみません。

卒業式

私は、たくさん食べ過ぎてしまい、18時半少し前に退店してからは一度ヨドバシAkibaのトイレにこもっていたのですが、その後19時頃から、ぴなふぉあ1号店前で待機することにしました。

卒業式は21時からでしたので、気が早かったのですが、今回はとにかく一番乗りしたかったのです。

案の定一番乗りをしたまではよかったものの、自分が待機し始めてから1時間近くの間は並ぼうとする人が誰もおらず、少し虚しくなってきました(ぉぃ)。

その後、20時を過ぎるあたりから徐々に卒業式待機の列が長くなってゆきました。

りのさんの卒業式で届いたお花21時になり、卒業式待機列が店内に入ってゆきましたが、一番乗りしていた私はりのさんの立ち位置の真ん前というベストポジションを確保することができました!

今回はまなかさん司会進行の元、卒業式が執り行われました。

今回は、りりんさん、になこさんといった早番メイドのほか、遅番のそらこさん、もかさん、そしてりのさんと特に仲がよく、先にぴなふぉあを卒業されていたひかるさんも、本日に限り1号店に復活していました 1)私がいた時間帯にはお見えになっていなかったらしい…

式の進行中、りのさんはほぼずっと涙を流し続けていました。

なお、今回の卒業式では、りのさんはそんなに人が来ないのではと思われていたようです。しかし実際は、1号店に所狭しと、りのさんを見送ろうとする人々が集まっていました。

See you again dear

卒業式が終わったあと、りのさんと参加者のツーショット・デカチェキを撮影していただき、退店するという運びになりました。

私はすでに食事の時に撮影していただいていたのですが、正真正銘、りのさんとの最後のツーショット・チェキとなるこのときは、当初自分が当日に出そうとしていた、りのさんご卒業用の画像を掲出しました。

撮影時、ずっと涙を流し続けていたので化粧もだいぶ落ちてしまっていたようですが、自分はこの時点のりのさんのことを、これまでのどの時点よりも美しいと思いました。

自分は、そのときには涙こそこぼさなかったものの、こみ上げてくるものがありましたね。

最後に

月並みになってしまいますが、りのさん、今までお疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

またいつか会える日が来ることを、願ってやみません。

そして、Twitterなどでも、今後ともよろしくお願い申し上げます。

参考記事
メイド卒業のお知らせメイドカフェぴなふぉあ
関連記事
Princess Minerva ( その1 | その2 | その3 )
【ひとりごと】脱メイド喫茶宣言
その美しき翼を羽ばたかせて… ( その1 | その2 ) 2)昨年8月に、ラビリント店で椿メイドさんが卒業されたときのレポート

いい日旅立ち。 3)私が初めてぴなメイドの卒業式に参列したときのレポート。なお、このときは昨年3月に、あおいメイドさんが卒業されたときだった

*

補足・その0

冒頭にも追記しておりますとおり、りのさんの卒業式から帰宅したあとにこのブログ記事を執筆しておりましたが、その最中、疲れがピークに達しており、何度も意識を失っておりました。

そのため、本文中、特に後半、お見苦しい点が多々ありましたことを、深くお詫び申し上げます。

それとともに、執筆時点で申し忘れていたことについて補足させていただきます。

補足・その1

当日夕方、卒業式の前に私はいったん退店しました。そのときはりのさんにレジを打っていただいておりました。

そのとき自分は、私がこれまでぴなメイドの卒業式としては唯一参列したことのある、昨年3月に1号店を卒業されたあおいさんのときのように、店内がごった返すことを見越して、早めに並ぼうかと申し上げました。

りのさんは、さすがにあおいさんの時ほど多くは来ないだろうとおっしゃっていました。自分は「そうかなぁ」と、納得していませんでしたが、実際にそのあとりのさんの卒業式が執り行われたときは、5年ほど勤め上げたあおいさんに匹敵する動員数であったように思われました。

それだけ、りのさんは多くの人の印象に残り、好かれていたということです!

補足・その2

本文執筆時、卒業式で涙を流し続けたあと、最後のツーショット・チェキを撮影していただいたときのりのさんのことを、これまでのどのりのさんよりも美しいなどと申し上げておりました。

誤解なきよう申し上げておきますと、泣き顔がよかったと言っているわけではなく、りのさんの偽らざる心に触れることができたと感じたためです。

そういえば、りのさんは大学で日本の古典を勉強されているそうです。その中でも平安文学に触れていて、あの時代、涙を流すことは心を持っていて情緒を解することができるという大きな意味合いがあるということを教えていただいたことを思い出します。

最後のご挨拶の時には、まさにりのさんご自身がそのお言葉を体現されたのではとすら思えました。これを、美しいと言わずしてなんと言えばよいのでしょうか…。

補足・その3

そういえば、以前オフ会で作っていたパズル、まだ完成していませんね。

いつかまたパズルオフ会が開催されると思ってよいのでしょうか?

ちなみにりのさんはやる気満々らしい。

参考記事
秋葉原散財ツアー 2013 February

このブログで関連すると思われる他の投稿:

00

References   [ + ]

1. 私がいた時間帯にはお見えになっていなかったらしい…
2. 昨年8月に、ラビリント店で椿メイドさんが卒業されたときのレポート
3. 私が初めてぴなメイドの卒業式に参列したときのレポート。なお、このときは昨年3月に、あおいメイドさんが卒業されたときだった
この記事はGeotag, Twitter, スイーツ, 秋葉原, 雑談, 食事, 飲料に投稿されました タグ: , , , , , , , , , , , , , , . このパーマリンクをブックマークする。 Trackbacks are closed, but you can post a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *

418スパムコメントは、これまでのところでブロックされたSpam Free Wordpress

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>